• Keiko Takahashi

先生のための気象セミナー

Climate change problem is now one of the world biggest issue and we need to act for mitigating and adapting it. But how?? I believe a power of education and will continue my educational activities in Japan. I could get some opportunities to implement my climate change educational program, which uses a learning method “Mystery”. The learning method is proved to strengthen systems thinking competency and this program was developed with German ESD expert Thomas Hoffmann”. I hope that I could broaden these activities and let people motivate acting for environment!

地球温暖化の問題、気候危機についての話題を聞かない日はないほどになってしまいました。 全ての人たちがこの問題に向き合って生きていかなければならないこの世の中。私は教育の力を信じて、自分のできることを地道にやっていきたいと思います。

いろいろな方からお声がけいただき、今後は学校教育の中で気候変動教育プログラムを浸透させていけることができそうです。

第一弾として、気象学会さんからお声がけいただき、「先生のための気象セミナー」で、私とドイツ人のホフマンさんとが開発した気候変動のミステリーというワークショップを実施できることになりました。 気候変動の問題をシステム的に考えることのできるとても有効なプログラムだと思いますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。

一月下旬には広島大学さんでも同様のワークショップを行います。どちらも参加された方が、体験だけではなく、自身でミステリーを実施できるようになることを目的としています。