1月25日(土) | 広島大学教育学部・教育学研究科

広島大学SDGsコンソーシアム主催 授業づくりワークショップ

広島大学大学院教育学研究科 広島SDGsコンソーシアム主催の授業づくりワークショップ「環境教育とグローバル・コンピテンシー」です。2部構成で行います。第1部では、イギリスの地理学の実践の中で開発された、システム思考が身につく学習手法「ミステリー」を、気候変動をテーマに体験します。第2部では、ミステリーについて学び、実際に自分たちでミステリーをつくることによって、学校現場での活用を目指します。
お申し込みの受付は終了しました。
広島大学SDGsコンソーシアム主催 授業づくりワークショップ

日時・場所

2020年1月25日 13:00
広島大学教育学部・教育学研究科, 日本、〒739-0046 広島県東広島市鏡山1丁目1−1

イベントについて

【日 時】 2020年1月25日(土)13:00〜16:20(受付12:30より)

【場 所】 広島大学大学院教育学研究科 第三・第四会議室

【対 象】 SDGs・ESD・環境教育などに関心がある学生,教員,一般の方

【参加費】 無料

【定 員】 20名(先着順)

【主 催】 広島SDGsコンソーシアム

【後 援】 地理科学学会・広島大学総合博物館

【プログラム】

12:30〜    受付

13:00〜13:05  開会挨拶 

13:05〜14:15  ワークショップ1 

14:15〜14:35 講演 「ミステリーとは何か?その特徴と海外での活用事例について」

講師 立教大学ESD研究所 高橋 敬子 先生

14:35〜14:40  休憩

14:40〜16:10  ワークショップ2

16:10〜16:20 閉会挨拶

お申し込みの受付は終了しました。